2009年01月31日

ドロップ

   ある日の会話。

銀娘 「いっつも 私に対する扱い悪くない?」

黒服 「そ、そ、そんな事ないですよ。」

銀娘 「じゃ、聞くけど、私ってお店にとって どういう存在?」

黒服 「それは銀ちゃん、何と言いましょうか。」
   「ドロップの缶を楽しみに振ったら白がでちゃった・・・」
   「ピンクじゃなくて白。せめて黄色でもよかったのに。こんなに 妥協してパイナップル味でもいいと思っているのに。
    白って・・・。ハッカって・・・。
   って子供ながらにすんごいショックを受けたことありません?」

銀娘 「まぁ、あるけど。」

黒服 「その時 銀ちゃんその白ぃドロップどうしました?」

銀娘 「もう1回、缶の中に戻した・・・。」

黒服 「それで・・・?」

銀娘 「アタリが出るまで、ピンクのイチゴ味がでるまで カラン カランって・・・」

黒服 「何回でも挑戦しますよね。」

銀娘 「ハア。まぁ。」

黒服 「それ それ それですよ。銀ちゃんは うちのお店にとって まさにそれみたいな感じですかね。」


銀娘 「・・・・・・・・」

   「なにィィーッッ!」


黒服 「でも、ドロップの缶って 甘くて美味しいイチゴ味だけじゃ駄目じゃないですか。くっそまずい 何で飴の中にこんなの入ってんのぉ!子供の夢壊すなやー!みたいな ハズレのハッカもないと駄目なんですよ。お客様も、銀ちゃんみたいなハズレ引いちゃったら 今度こそは!って、また いらしてくださるかもしれないじゃないですか。
ですから、
カラン カラン カラン。よーし 何がでるかなぁ?
あっ!やちゃったぁ。ハズレひいちゃった・・・。みたいな、銀ちゃんも、あっ!ハッカも必要なんですよ。」

「昔っからある銀ちゃん、あっ!ハッカがね。」

     
     やけに納得してしまった銀娘であった。
posted by 銀娘 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26114327

この記事へのトラックバック