2009年01月29日

ハプニング

タクシーの中でのこと。

銀 「はぁー。今日も飲みすぎちゃったわ。」

今日は私のお客様の石ちゃんが私とヘルプの女の子をタクシーで送ってくださるとのこと。

石ちゃんは優しくて、気前がよくて、いい男。

ほんとに ほんとに いい男。




ひとつだけ 欠点を除いたら・・・・。




石ちゃんは究極の男性型脱毛症。つまり ハゲ。

いつも、今どき流行らない テンガロハットをかぶっている。

その、テンガロハットを脱ぐと、8:2いや、1:9分け、いや10:0分けになっている往生際の悪い頭が顔を出すのです。

でも、その事には 誰も触れない。触れられない。

なぜなら、石ちゃんは 究極のハゲ隠しを考案し、実践しているからです。
その方法とは、右側のまだがんばっている もみ上げを 限界まで伸ばし、その限界まで伸びた もみ上げを、もう片方の左側のもみ上げ付近まで無理矢理もっていき、そこを折り返し地点とし、そこからまた 右側のもみ上げまでもっていく。その 往復。なのです。石ちゃんの頭の上では髪が右へ左へといつも 右往左往しているのです。

そんな 石ちゃんとの帰りのタクシーの中。

ヘルプの女の子がしてはいけないことをしてしまったのです。

「すみません。ちょっと 気持ちが悪いので、窓を開けてもいいですか?」

そう言い終わらないうちに 女の子がタクシーの窓を全開に・・・。

タクシーは夜中の高速道路を快速で走っている。

石ちゃんのテンガロハットは一瞬のうちに吹っ飛び、今まで右から左へ 左から右へ無理矢理整えられていた髪は 台風のような風に吹かれて、一気にバラバラに乱れとんでしまった。

その髪は真ん中に座っている女の子を通り越して、私の顔面まで到達した・・・。

到達した石ちゃんの髪は私のほっぺたを
サワサワァ  サワサワァ・・・。 サワサワァ サワサワ・・・。

私は飲みすぎで、居眠り状態。

銀 「もう 石ちゃんたらぁぁぁ。女の子が乗ってるのにダメよぉ。」
 
 サワサワァ  サワサワァ・・・。


銀 「もう 恥ずかしいじゃないのぉ。い・し・ちゃ・んキスマーク


銀  「い・し・ちゃ・ぁ・あ あ んexclamation&question


 「ん ん ん?? んんんんんんんんんんんーーーーーーー??????exclamation&questionがく〜(落胆した顔)



posted by 銀娘 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26038325

この記事へのトラックバック