2009年01月26日

着信拒否

私のお客様のH氏から久しぶりの電話。
H氏 「銀ちゃん、久しぶりだね。そろそろ ハルンケアでも 飲んでる??」


銀 (余計な事は言うなっつうの!!)
   が、しかし、満面の笑で
  「はぁさん お久しぶりねぇ。もう、私のこと忘れちゃったのかと思ったわよ」キスマーク


H氏 「君のことを忘れるわけないよ。というか、君のことは忘れられないよ。

   君とはいろんな思い出があるからね・・・。

   あっ、そうそう、覚えてるかな?銀ちゃんが飲みすぎて焼き鳥やのカウンターの椅子から転げ落ちたこと。
   あんまり派手に転げ落ちるもんだから、パンツがまる見えだったよな。あの時のパンツはでかかったなぁ。

   あっ、それからさ、僕がタクシーで送った時、タクシーの中で いっつも大いびきだったよな。
   ライオンの交尾かと思ったよ。食われなくてよかったぁ。はっ。 はっ。

   あっ、それから、銀娘と新宿のおかまバーに行ったときにはお前、いつもうちのお店で働かない?ってスカウトされてたよなぁ。はっ、はっ、はっ」

銀 {苦笑い}
  「でも、はぁさん、私のこと好きだったでしょ。私にキスしようとしたじゃないのぉ。」

H氏 「そうだ、そうだ、そんなこともあったなぁ。
   思い出したよ。でも、お前が興奮しすぎて 鼻血だしたんだよなぁ。
   あのときのお前の顔ったら、おかしくてキスどころじゃなかったよ。」
   「それから、それから、笑 笑 笑」


    延々 2時間半・・・



銀 「はぁさん、もう思い出話はお店ですることにして。同伴の約束でもしましょうよ。」


H氏 「えっッ? 何で?」
   「僕、今、シンガポールに赴任中だよ。東京に帰るのは そうだなぁ・・・1年後位だな。
   たまには日本語が聞きたくてさ。
   でも、普通の銀座の女の子は忙しいから 僕のひまつぶしにつき合わせちゃ悪いだろ。
   その点、銀娘には気を使わなくていいからな。
それに、電話だったら 顔が見えないからな。銀娘が相手でもなんとか耐えられるだろ。笑 笑 笑」



銀 {ひ・ま・つ・ぶ・し・いぃぃぃっ??}

  {に、に、に時間半もですかぁ???}

  {パンツのはなしィィィっ??}

  {鼻血がどうしたってぇ??}



銀   無言・・・・・。



銀   丁重に着信拒否をさせていただきます。


posted by 銀娘 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25924970

この記事へのトラックバック